東京都上板橋の音楽教室・音楽学校|ピアノ・声楽・音大受験・コンクール・作曲・初心者

講師募集のページです

あなたもコンクールに出てみませんか?

福島和男リサイタルの案内の写真 コンクールに出て入賞出来るのは、 小さい頃から専門的な音楽教育を受けて 来た人だけだと思い込んでいませんか?
当学院の在校生は、音楽とは全く関係の無い職業の人でありながら、各コンクールで入賞しています。
先生の指導の深さがわかるので千葉の流山から通いました!
3年前の定年退職時に、
長年の夢であった
ソロコンサートを
日本カザスホールで
開きました。

K.Fさんのコンクール入賞実績

2003年
TIAAクラシックコンクール声楽コンサート 新人賞
2004年
全日本彩明ムジカコンコルソ声楽(一般B)部門 第1位
2004年
国際芸術連盟 新人コンクール 合格
2007年
東京国際芸術協会 演奏家・舞台裏芸術オーディション合格
2008年
日本クラシック音楽コンクール優秀賞(地区本選)
2008年
日本クラシック音楽コンクール入賞(全国大会)

全て当学院の講師の指導によるものです!

もうすぐ還暦の私が夢のようです…

コンクールイメージの写真 オペラが大好きだけれども、大勢の人の前で歌うなんて夢のまた夢。自分は日本人だし、声量も無いし…と決めつけないで下さい!

Y.Sさんのコンクール入賞実績

2001年
コスマ音楽愛好会主催 声楽コンクール 金賞
2002年
第10回太陽カンツォーネコンコルソ(クラッシックの部) 第2位
2003年
第30回国際芸術連盟新人オーディション 合格
2005年
日本芸術家ネットワーク コンクール奨励賞
2006年
第8回「万里の長城杯」国際音楽コンクール 奨励賞
2007年
第9回「万里の長城杯」国際音楽コンクール奨励賞

コンクール入賞まで責任指導をお約束します。
まだ間に合いますご相談ください。

コンクール入賞のための秘訣を一つだけ特別に教えます…

例えば声楽だとズリ上げて音程をとっていると、まずコンクールは入賞しません。もしあなたがズリ上げて音程をとっているとしたら、一生上位入賞は果たせません。また、それを直す練習法、その成果を確かめるには…、すばらしい先生はたくさんいらっしゃいますがその中でコンクールの入賞が目的なら、審査員の目で確かめて、その練習法を会得し、エントリー者の中でいったい自分がどの位置にいるのかがわかった方が断然有利になります。一番おちいりやすいのは自分では過去にその癖を直したと思っていて、直っていると思っているが故に、自分いつもズリ上げて音程をとっていることに気がついていないことです。(そういう私もそうでしたが…今は直りました。)心配になった人は体験レッスンを受ければズリ上げチェックをしてもらえます。
他にも審査員の目から見た、傾向と練習法があります。とはいっても裏技があるわけではりません。実際にすばらしい演奏でなければ、入賞は果たせません。コンクールを通してすばらしい音楽家になることが目指すべき道であるのは言うまでもありません。無料相談を活用して、質問したり相談することもできます。

だれでもコンクール入賞は可能なことを知っておいて下さい!

コンクールについて相談

お体験レッスンお申し込みはコチラ
無料体験レッスン
k.Aさん 声楽音高音大受験科
声楽レッスン風景091822-1
k.Aさん 声楽音高音大受験科
声楽レッスン風景091822-2
レッスン風景・動画
ミューズアート音楽学院紹介のページです
在校生の声のページです
ワン・ハート リトミック原宿北参道・上板橋教室のブログ
facebook上野知己
ワン・ハート リトミック上板橋教室ホームページ
ワン・ハート リトミック原宿・北参道教室ホームページ
無料で相談相談する
ミューズアート音楽学院|ミューズアート音楽配信開始03
ミューズアートレーベル
音楽配信はじめました!
ミューズアート音楽学院|ミューズアート音楽配信開始02
学長上野知己の作品です。
iTunes Storeで販売中!
きせきのこの実
このすばらしいせかい合唱
講師募集のページです
実施中キャンペーン
イベント・コンサート
ミューズアート音楽学院QRコード
携帯サイトQRコード
視力障害者の方へ
本ホームページは出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、それでも文字が小さくて見づらいコンテンツがあります。その場合には、ウインドウズPCは、「Windows」+「+」キーで、MACは「command」+「+」キーで文字を拡大(縮小の場合は−)することができます。分からなければ電話でご説明します。
TEL.03-3559-0037まで
聴力障害者の方へ
電話でのお問い合わせ時に、聞きとりにくいと感じたときは、その事をおっしゃってくださいませ。もっと大きな声でご説明させて頂きます。
四肢障害の方へ
メール、フォーム等でお問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせくださいませ。