home 講師紹介 ピアノ科 声楽科 作曲科 音大受験 即興ピアノ 歌創作
教室の特徴 こんな人に最適 よくある質問 大手との違い 地図交通

後藤ちしを先生-声楽

プロフィール

後藤ちしを先生の写真 北海道出身。東京藝術大卒、同大学大学院修士課程オペラ科修了。
ウィーン、ミラノへ留学。ミラノ音楽院にて研鑽を積む。
声楽を松田由理子、戸田敏子、伊原直子、故・G.W.Mittendorfer、A.Strnadt、各氏に師事。
またウィーンでは宮廷歌手G.Sima、イタリアではソプラノA.Scarabelli、M.Freniの各氏よりアドバイスを受ける。
スコアをL.Gorla、M.Bullo、C.Cameriniの各氏に師事。2011年帰国。
現在、ハイメスアーティスト会員。日本声楽アカデミー准会員。東京都在住。

留学歴

2001年オーストリア・ウィーン。
2003〜2010年イタリア・ミラノ。ミラノ音楽院にて研鑽を積む(2003〜2009年)。

主な受賞歴、コンクール歴など

毎日学生コンクール高校生の部金賞受賞、全日本学生音楽コンクール大学・一般の部奨励賞受賞等。
東京藝術大在学中に安宅賞受賞。
第13回北海道国際音楽交流協会(HIMES)音楽コンクール声楽部門第1位にて、ウィーン留学。
国際ロータリー財団奨学生として、ミラノ留学。
ヴィチェンツァ第3回国際声楽コンクール(Schio 3° Edizione)第1位
第4回国際声楽コンクール"Paul Harris 2005”(Verbania)第1位
国際声楽コンクール"ARENZANO2005”(Genova)第2位
第13回国際声楽コンクール"Riviera Etrusca"(Livorno)第3位
イタリア・サンレモ音楽祭に於ける、第11回サンレモ国際声楽コンクールにて東洋人唯一のファイナリストとなり(サンレモカジノ劇場)、その様子はSKY-TVにてテレビ放送される。
他、在伊中7つの国際声楽コンクールに上位入賞、またはファイナリストとなる。

演奏会出演歴など

在学中よりヨハネ・マタイ受難曲、ミサ曲ロ短調、戦争レクイエム、第九(シドニーオペラハウス)、ミサ・ソレムニス他、多数の演奏会へ出演。オラトリオでは「メサイヤ」「ハ短調ミサ曲」「レクイエム」(フォーレ、モーツァルト)等でもソリストを務める。
藝大定期オペラ公演「皇帝ティトの慈悲」セルヴィリヤ役でデビュー(東京・メルパルクホール)。
サントリーホールデビューコンサート「RAINBOW21」、日演連推薦新人演奏会(札幌交響楽団)出演他。
イタリアにてオペラ「ラ・ボエーム」ムゼッタ(Asti)、「清教徒」エルヴィーラ(Milano)、「修道女アンジェリカ」ジェノヴィエッファ、ドルチーナ(Milano)役で出演。
現存するルネサンス期唯一の劇場として知られる、オリンピコ劇場(Vicenza)にてガラコンサート出演。
大聖堂サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ(Milano)にて開催されたモーツァルト生誕250周年公演、「レクイエム」(パルマ国立音大管弦楽団)ソプラノソリスト。 その他、ミラノを中心にイタリア各地でコンサートへ多数出演、テノール歌手R.Cazzaniga氏らと共演。
2011年帰国。震災後、現在迄、全国各地のコンサートやリサイタルへ出演している。
地元にての演奏活動も続け、オペラ、コンサート等へ出演する他、'09年、'10年に引き続き、'17年8月ソプラノリサイタル開催(札幌コンサートホール・Kitara)。演奏の様子は'音楽の友'(10月号)へ掲載される等、好評を博す。

その他

2016年イタリア・ペーザロ(パヴァロッティ邸別荘)にてマスタークラス修了。
帰国後も更にレパートリーを深めるほか、歌唱と役柄への解釈を研究し、オペラでは「ファルスタッフ」アリーチェ、メグ、「椿姫」ヴィオレッタ、「リゴレット」ジルダ、「シモン・ボッカネグラ」アメーリア、「魔笛」、「ドン・ジョヴァンニ」、「コシ・ファン・トゥッテ」、「フィガロの結婚」、「イドメネオ」、「薔薇の騎士」、「魔弾の射手」、「ティレジアスの乳房」、「ポッペアの戴冠」、「友人フリッツ」、「ラ・ボエーム」、「蝶々夫人」、「修道女アンジェリカ」、「ドン・パスクワーレ」、「愛の妙薬」、「ルチア」、「カプレーティとモンテッキ」、「清教徒」、「ノルマ」、「夢遊病の女」、等へも取り組んでいる。
幼少より日本語の作品に内在する美しさへ共鳴しつつ、山田耕筰、中田喜直、團伊玖磨 ほか、童謡や唱歌へも慣れ親しむ。

担当科目

専門はソプラノですが、男女・声部に問わず指導を承ります。
大人初心者声楽、大人経験者声楽、声楽科音大受験、ソルフェージュ、ボイストレーニング

あいさつ

こんにちは、ソプラノの後藤ちしをと申します。
今ある自身を超えて、一層自分を高めたい、と云う様な、生意気ですが、、挑戦心に似たものを併せ持つ私は今でも本番を終えた後、「今度はこんな風に歌いたいな、、きっとこう歌えるかな、」など毎回、感謝と共に向上探求心に導かれる様に、そうして今日まで、心と音楽の声をききながら、取り組んでいます。
美味しいものを食べたり、身体を動かしたり(水泳他)、色々な場所へ行くことなども大好きで、人生そのものは本来、歌えることへのエネルギーに満ちたものだと感じています。
感性を宿す心と身体は大切な楽器であると同時に、声の不思議、発声のこと、呼吸のことetc.では先ず、私自身がこれまで驚きや喜びをもって、沢山学ばせていただき、引き出しをつくりつつ進んでまいりました。
音楽には限りないメッセージが存在し、感動する我々をいつも迎えてくれます。
表現する側に立つ以上、当然の困難はありますが、何より根底に愛が存在しています。
声楽は、確かな技術に基づき存在しています。
解釈を、もう少し深められたり、また声楽を学ぶご意志ある方、或いは、先ず、歌ってみたい、そう感じた方へ。
是非体験レッスンでお会いできるのを楽しみにしています。

後藤ちしを先生に無料体験レッスンを受ける

体験レッスンは、皆様のご都合により合わせやすいように、土日祝日遅い時間帯もご指定できます。ご遠慮なく日時をご指定ください。
指定可能日時:全日 朝9時〜夜8時 受付担当:青島
記事一覧 上に行く お問合せ 体験申込み
音大受験メルマガ
7つの理由メルマガ

声楽音高音大受験科レッスン風景

声楽音高音大受験科レッスン風景
レッスン科目案内
レッスン料金一覧
大人・子供ピアノ
声楽
作曲
音楽大学受験
即興ピアノ
歌創作
講師紹介
ピアノ:辻森先生
ピアノ:菊地先生
声楽男性:上杉先生
声楽男性:鏡先生
声楽女性:後藤先生
声楽男性:岡田先生
作曲:難波先生
レッスンの様子
施設案内
レッスン風景・動画
在校生の声
所在地・交通
こどもの教室はこちら
こどものピアノ
こどもの歌創作 こども音楽教室
幼児教室子供の天国
学長上野知己の紹介
プロフィール
ブログ
facebook
作品購入・視聴
講師募集
講師募集要項
講師登録申請
ホームページ掲載要項
ホームページ掲載申請
お問い合わせ
きせきのこの実
このすばらしいせかい
音楽配信
コンクールのすすめ
初心者音楽用語集
音楽教室リンク
個人情報保護方針
特定商取引に関する表記
サイトマップ
ミューズアート音楽学院
〒174-0076 東京都板橋区上板橋2-38-11 2階
TEL.03-3559-0037  FAX.03-3559-2252
Copyright (C) 2017 Museart Academy All rights reserved.
当サイトのテキスト・画像等全ての転載転用、商用販売を固く禁じます